パリスの処女を奪ったのは…

パリスの処女を奪ったのは自分だと大アピールしているランディ・スペリング
姉のトーリ・スペリングと共に、ホントお騒がせ兄弟だよね・・・



SponsoredLink



『プリティ・ライフ パリス・ヒルトンの学園天国』に出演しているランディ・スペリングが、ヒルトンの処女を奪ったのは自分だ、と告白している。「デイリー・ミラー」紙によると、スペリングはアメリカのテレビ番組で、10代のころに二人が恋人同士であったと語った。「2か月くらい付き合っていて、ある日、パーム・スプリングへ出かけたんだ。パリスのお祖母さんが彼女を探していたから、彼女の名前ではホテルにチェック・インできなかった。彼女は当時15歳で、僕は17歳だった」と語った。さらに「つい最近クラブの外で彼女に会ったとき、『ランディは私の処女を奪った人よ、あいさつしなくちゃ』なんて言っていたよ」と、大物セレブの“初めての相手”であることを豪語していた。

『プリティ・ライフ パリス・ヒルトンの学園天国』は3月31日よりシネマGAGA! にて公開。

パリスの処女を奪ったのは自分だと大アピールする男現る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000012-flix-movi&kz=movi
関連:http://news.livedoor.com/article/detail/3098361/
http://news.livedoor.com/article/detail/3101479/


映画の宣伝なんだろうけど・・・



SponsoredLink
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37198554

この記事へのトラックバック

パリス・ヒルトン主演"お下劣"映画公開
Excerpt: セレブタレントのパリス・ヒルトンが初プロデュース&主演した映画が日本で緊急公開されることになった。パリス・ヒルトンが演じるヒロインは、ゴージャスなブランドの服や高価なアクセサリーを身につけ、学園の女王..
Weblog: 世界萌え萌え旅日記
Tracked: 2007-04-02 16:14

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。